9件ヒットしました

男鹿市

船川港は男鹿半島南東部に位置し、北西にある真山などの山地が季節風を防ぐ恵まれた地形のため、明治44(1911)年の築港以前も、船が避難する「風待ち港」として利用されていました。汽船や大型帆船の時代に入ると、土崎港よりも海底が深く岩盤である船川港は注目を浴び、大正15(1926)年には3千トン級の埠頭が出来上がり、小樽―ウラジオストクの定期船が寄港するようになりました。また、北岸の北浦には秋田県最大の北前船主・田沼慶吉が学校や道路を建設するなど、彼の地域貢献の痕跡が残っています。

クリックで拡大

概要

船川港は男鹿半島南東部に位置し、北西にある真山などの山地が季節風を防ぐ恵まれた地形のため、明治44(1911)年の築港以前も、船が避難する「風待ち港」として利用されていました。汽船や大型帆船の時代に入ると、土崎港よりも海底が深く岩盤である船川港は注目を浴び、大正15(1926)年には3千トン級の埠頭が出来上がり、小樽―ウラジオストクの定期船が寄港するようになりました。また、北岸の北浦には秋田県最大の北前船主・田沼慶吉が学校や道路を建設するなど、彼の地域貢献の痕跡が残っています。

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

類型

  • 風待ち・潮待ち港

年代

  • 年代不明

関連
文化財

関連
サイト

 構成文化財 田沼家土蔵

クリックで拡大

説明

北前船で財をなした商人、田沼家の屋敷に残る江戸時代の土蔵です。国登録文化財。田沼家は、明治時代に回船業を営み、和船十数艘、西洋型帆船2艘を所有した秋田最大の船主です。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • 建物

サイズ
構造等

土蔵2階建、鋼板葺、建築面積159㎡

所在地

男鹿市北浦北浦字池の田12

指定

国登録有形文化財(1998年)

 構成文化財 船鑑札(北浦田沼家土蔵内)

クリックで拡大

説明

北前船で財をなした商人、田沼家の屋敷に残る船鑑札です。

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • その他

所在地

男鹿市北浦北浦字池の田12

 構成文化財 真山神社五社殿落書き(墨書)

クリックで拡大

説明

松前、津軽、佐渡、能登、越中、越前、大阪などの北前船の船乗りたちが、海上安全、商売繁盛を祈願した墨書(落書き)が残る江戸時代後期の建物です。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • 文書

所在地

男鹿市北浦真山水喰沢97

指定

秋田県指定有形文化財
(真山神社、1993年)

参考資料

澤田亨『真山神社五社殿(建造物)調査報告書』(2010年)

他地域
との
つながり

墨書を記載した船乗りの出身地 松前町、青森県(津軽)、新潟県佐渡市、石川県(能登)、富山県(越中)、福井県(越前)、大阪府(大坂)

 構成文化財 海難慰霊

クリックで拡大

説明

北前船の船乗りの海難者を慰霊した石碑です。

【南平沢】
愛媛県の保井弥七郎の所有する「於多福丸」が、明治15(1882)年に船川村根島で破船し、乗組員9人が行方不明となりました。南平沢の佐藤作之丞が願主となり供養碑を建立しました。

【船川】
備前、大阪、海士からの海難者を弔う慰霊碑です。江戸時代に建立されました。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • その他

所在地

秋田県男鹿市船川港南平沢
秋田県男鹿市船川港船川鳥屋場86

年代

  • 1882年 建立
  • 江戸時代
  • 明治時代

明治15年建立(南平沢) 江戸時代建立(船川)

他地域
との
つながり

愛媛県(遭難者した船乗りの出身地)

 構成文化財 双六の船絵馬

クリックで拡大

説明

双六地区の船絵馬は、明治10年代から明治20年代にかけて、双六の神明社に奉納されたものです。当時の北前船交易に使用された弁財船が正面や横から見た姿で描かれています。詳しいことは不明ですが、北海道への商い船や漁船の船主が奉納した可能性が高いと考えられます。男鹿市内では完全な形で残る船絵馬はこの5点しか確認されていません。当時の操船技術に加え、明治20年前後の男鹿と北海道との繋がりや、漁業の歴史、暮らしぶりを知る上で大変貴重な資料といえます。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • 奉納物
  • 船絵馬

サイズ
構造等

5点

所在地

男鹿市船川港双六(双六町内会)

指定

男鹿市指定民俗文化財
(有形民俗文化財、2009年)

 構成文化財 船川節(秋田船方節)

クリックで拡大

説明

島根県の「出雲節」を北前船の船乗りたちが伝え、のちに船乗り相手の芸者が唄ったお座敷歌「船川節」となり、昭和14(1939)年に森八千代が「秋田船方節」として整えた民謡です。

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • 民謡

所在地

秋田県男鹿市内

年代

  • 1939年 創設
  • 大正以後

昭和14年に「秋田船方節」が成立

他地域
との
つながり

島根県(船川節のもとになった民謡・出雲節)

 構成文化財 鈴木重孝自筆本 「絹篩」

クリックで拡大

説明

北前船が寄港した海岸と江戸時代後期の村々を記した書物と図絵です(個人蔵)。 船越村住の村役人、鈴木平十郎重孝が嘉永5(1852)年に完稿した男鹿半島各村の村勢一覧というべきもので、江戸時代末期に編さんされた男鹿半島の地誌、古記録です。村ごとに人口、馬数、神社、仏閣に至るまで洩らさず記録されており、半島研究の貴重な資料となっています。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財
  • 文書
  • 絵図

サイズ
構造等

本文3冊 図巻2巻

所在地

男鹿市船越(個人所蔵)

年代

  • 1852年 製作
  • 江戸時代

指定

秋田県指定有形文化財(1954年)

 構成文化財

クリックで拡大

説明

北前船で使用されたとされる四つ爪のイカリです。寒風山回転展望台内に展示されています。

関連サイト

都道府県

  • 秋田県

市町村

  • 男鹿市

類型

  • 風待ち・潮待ち港

種別

  • 構成文化財

所在地

男鹿市脇本富永寒風山62-1
寒風山回転展望台

関連情報

寒風山回転展望台内で展示中

先頭
1 / 1
最後